効果が高くてコスパも◎、肌に優しいビタミンC誘導体化粧水を探せ!

ビタミンC誘導体化粧水ランキング » ビタミンC誘導体の効果を検証 » ビタミンC誘導体の種類と効果

ビタミンC誘導体の種類と効果

ここでは、2つの種類があるビタミンC誘導体のそれぞれの効果効能について紹介します。

水溶性ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体といえば、一般的に即効性の高い水溶性タイプを指すことが多いようです。こちらは主に、化粧水・美容液などのローションタイプに配合されています。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも、リン酸型の成分は特に効果が高いと言われています。表皮に作用し、ニキビや毛穴トラブルなど、皮脂分泌のコントロールに適しており、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進することで、メラニンの排出・色素沈着の改善を手助けします。なので、美白効果に大きな期待ができます。

しかし、即効性は高いものの、肌に浸透した後の持続性が短く、紫外線に当たると成分が壊れやすく安定しないという弱点があります。

脂溶性ビタミンC誘導体について

ビタミンCに皮脂成分を結合させることにより、一層肌に浸透させやすくしたものが、脂溶性ビタミンC誘導体です。油分になじみやすい性質上、オイルやクリームタイプの化粧品に配合されています。

主な成分は、テトラヘキシルデカン酸とパルミチン酸です。脂溶性なので、ビタミンC特有の乾燥や刺激が少なく、敏感肌の方にも安心して使えるビタミンC誘導体です。さらに、水溶性に比べ、浸透性が高く肌の深部までいきわたるため、メラニン生成を抑制し、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。肌にゆっくりいきわたるため、持続性に優れています。

ですが、効果が長続きする分、水溶性に比べると即効性はやや劣ってしまいます。それと同時に、紫外線には弱いという性質があるので、日の当たる場所には保管しないようにしましょう。

高浸透型ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体が配合された商品は、より吸収性が高く安定したものに改良され、良質な新商品も数多く販売されています。ですが、今回の9商品の中には含まれていませんが、「エステルC」のように、効果がないだけでなく肌の酸化を促すものもあるので、成分表には十分注意したいものです。

一方で、【高浸透型ビタミンC誘導体】という、水溶性と脂溶性の優れた点を兼ね備えた新しいビタミンC誘導体も登場しました。高浸透型ビタミンC誘導体については次のページで詳しく説明します。

 
 
▲ページの先頭へ
 
発表!ビタミンC誘導体化粧水、最強はコレ