効果が高くてコスパも◎、肌に優しいビタミンC誘導体化粧水を探せ!

ビタミンC誘導体化粧水ランキング » ビタミンC誘導体de無敵のスキンケア » vs.しみ・くすみ

vs.しみ・くすみ

しみ・くすみに効く最適のビタミンC誘導体とそのメカニズムを紹介します。

しみ・くすみができるメカニズム

しみ・くすみができる一番の原因はなんと言っても紫外線です。肌は紫外線に当たると、基底層にあるメラノサイトから、メラニンが作られます。このメラニンを含んだ肌細胞は通常であれば、徐々に押し上げられ、垢として一緒に剥がれ落ちます。いわゆるターンオーバーと呼ばれる現象です。けれども、紫外線を浴び過ぎてメラニンが増加しすぎたり、新陳代謝が衰えるなどの原因で、メラニンの排出ができにくくなってしまうことがあります。これがシミです。

一方のくすみは、肌表面に角質が、いつまで経ってもはがれ落ちない現象をさします。肌のターンオーバーは28日周期ですが、コラーゲンや水分量が減少すると、真皮部分からの盛り上がりが少なくなり、新しい細胞が表皮近くに来ても、古い細胞(角質)を押し出すことができなくなるのです。古い細胞は肌の表面で死んでしまい、水分を留めることなくどんどん劣化していきます。これがくすみです。

しみ・くすみを改善するには、いずれも肌のターンオーバーを正常化させる必要があります。

しみ予防には脂溶性ビタミンC誘導体が効果的

しみ対策で重要なのは、、紫外線を浴びてもメラニンを作らせないことです。脂溶性ビタミンC誘導体は、吸収はゆっくりですが、肌表面にとどまり、ビタミンCとして働きます、そのため、紫外線を浴びても表面のビタミンCが作用して、メラニンの生成をできるだけ防いでくれるのです。できる前に作らせない、これ以上増やさない、という目的の場合は、脂溶性ビタミンC誘導体を含む化粧品を選ぶと良いでしょう。

改善には水溶性ビタミンC誘導体

できてしまったしみ・くすみを改善するには、水溶性ビタミンC誘導体が効果的です。水溶性ビタミンCは、肌の奥で働き、コラーゲンを生成して肌のターンオーバーを導きます。メラニンの排出が促進されればできてしまったしみも、徐々に薄くなって目立たなくなることになります。

また、くすみは肌表面の死んだ細胞が排出されないことが原因なので、ターンオーバーが正常になれば、比較的早い段階で解消されるでしょう。

最終手段はシミ治療

シミにも種類があって、原因がそれぞれ違ってきます。なので、原因によって最適な方法を選ばないといけないので、化粧水だけでは消えないシミも残念ながらあります。

もし、どうしても消えないシミができてしまったときは、美容皮膚科のシミ治療を検討してみてはいかがでしょうか。

美容皮膚科の主なシミの治療法

美容皮膚科で行われている治療法を紹介いたします。

トレチノイン(レチノイン酸)

ビタミンAの誘導体です。シミ以外にもニキビやシワにも使われる塗り薬です。角質を剥がして、皮脂を抑え、コラーゲンを増やす働きをします。

参考資料:JSTプレベンチャー制度の研究開発成果を事業展開「開発した技術概要」

サリチル酸

ケミカルピーリングに使われる薬品です。酸によって角質を溶かすという働きをしますが、炎症を抑えるなどの処置をしないとかえってシミを作る原因にもなりますので、個人で使用するのは避けましょう。

参考資料:日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン

Qスイッチルビーレーザー

小さなシミにピンポイントで使われるレーザーです。メラニン色素にとって吸収しやすい波長のレーザーですので、メラニン性のシミに使われますが、肝斑には逆効果となってしまいます。

参考資料:Q-スイッチ・ルビー・レーザーによる太田母斑の治療

ピコレーザー

レーザーの照射時間が1ピコ秒(1兆分の1秒)という従来のレーザー機器よりも短い照射時間のため、肌へのダメージが抑えられ、痛みもほかのレーザーより少ないと言われます。

参考資料:ピコ秒レーザーによる刺青と皮膚良性色素性病変の治療

 
 
▲ページの先頭へ
 
発表!ビタミンC誘導体化粧水、最強はコレ