効果が高くてコスパも◎、肌に優しいビタミンC誘導体化粧水を探せ!

ビタミンC誘導体化粧水ランキング » ビタミンC誘導体配合化粧水カタログ » アクアオーラ ハイドロジェンローション

アクアオーラ ハイドロジェンローション

ビタミンC誘導体を配合している「アクアオーラ ハイドロジェンローション」の特徴・使い方・口コミについて紹介しています。

ビタミンC誘導体を配合した、小分けタイプの化粧水

アクアオーラ ハイドロジェンローションの画像「アクアオーラ ハイドロジェンローション」は、小分けタイプの化粧水。1回分の使用量をパウチ加工することにより、化粧水の酸化を防いでいます。
あまりの浸透力の良さに初めて使う方は、肌に何も残っていないように感じるほど。その場合は2包使うと良いそうです。使用し続けていくと皮膚の内側から潤い、ハリが出てきます。

エイジングケアに適した成分として美容界で注目され、研究が行われている水素をたっぷり入れています。
他には、リン酸アスコルビルMgを配合。この成分は、肌の老化を防ぎ、多くの化粧品にアンチエイジング効果のある成分として使用されています。
また、3つのアミノ酸(クレアチン・ヒドロキシプロリン・エルゴチオネイン)も配合。
クレアチンは、筋肉の中に存在し、肌にハリや弾力を与えてくれます。
ヒドロキシプロリンは、アミノ酸の中でも10%のコラーゲンを構成。潤った、キメのある肌にしてくれます。
エルゴチオネインは、ビタミンEの 7000倍の働きがあると言われているアミノ酸です。ハリのある、健康的な肌へとサポート。
その他、スイス・アルプスの農家で有機栽培された、ヘラオオバコ・フサフジウツギ葉の2つのオーガニックエキスがしっとり肌へと導きます。
保湿に特化しているだけでなく、無香料・無着色・パラベンフリーなので、肌に優しい作りなのも嬉しい点の一つです。

使い方とラインアップ

浸透力が高く、肌の奥に直接働きかける化粧水なので、洗顔後、お手入れの最初に使用。手にとってなじませます。化粧水が浸透したら普段、使っている化粧水でケア。初めて使う方は、肌が潤いやすいこの方法がオススメです。
最後に「アクアオーラ プラス1 フィトヴェールクリーム」を使うことにより、肌に浸透した潤いを閉じ込めます。

ラインアップ(お手入れ順)

  • アクアオーラ ハイドロジェンローション
  • 普段、使用している化粧水
  • アクアオーラ プラス1 フィトヴェールクリーム

使い続けると肌が強くなり、普段の化粧水を使わなくて済むようになるのだとか。1度開封したパウチは、使い切るようにしましょう。

気になる口コミをチェック

  • BAさんに店頭で「最初は、肌に入り込むだけ2袋でも3袋でも使用してみて」、と言われ2袋、時間を掛けてゆっくり浸透させてみました。確かに化粧水が肌へ入り込む実感がありました。私はライン使いをしていなかったため、その後はいつものお手入れ。しかし、次に使う化粧水や乳液の浸透が良かったのです!お手入れが面倒な日は、この化粧水の後にオールインワンゲルを使っていましたが、それだけでも翌日の肌がもっちりしていました。これを使っている間は肌の調子が良かったです。でも少しお高めなので、たまに使う贅沢コスメとして使いたいですね。
  • この化粧水、スゴイ!初日、朝・晩2回使っただけなのに、私のボロボロだった肌が驚くほどキレイになりました。最近、敏感肌になってきたせいか、科学成分の入った化粧水は沁みるため、無添加の低刺激化商品を使っていました。しかし、それだとスキンケアの効果が薄くて物足りなかったのです。肌に優しいながらも、アンチエイジングに対する攻めの美容が出来る化粧品を探していました。そんな時、この化粧水を発見。肌に全く沁みないし、浸透力がとても良いです。今までで1番良い化粧品でした。ヒリヒリして痒く、ニキビもあった私の肌が改善したのです。お値段が張るけど素晴らしい化粧品です!
  • まだ2日しか使用していませんが、これと言った効果はありません。テクチャーはジェルのようなトロミのある化粧水。香りはありません。ちょっと刺激が強いのかも。日焼けした肌に使うとピリッとします。パウチタイプなので清潔感はありますが、開封するのが面倒に感じることも。朝・晩、使うとなるとコスハ゜が悪い気もします。効果は、長く使い続けないと分からないのかもしれません。
 
 
▲ページの先頭へ
 
発表!ビタミンC誘導体化粧水、最強はコレ